定例会・臨時会の概要【平成25年】

2018年7月2日

平成25年第2回定例会《12月議会(12月20日本会議)》の概要

「平成25年度秋田県一般会計補正予算」案を可決
 
初日の本会議では、知事から、8月から9月の豪雨等による災害復旧対策事業のほか、国の基金を活用した事業など、秋田の元気づくりに向けた事業等についての説明が行われました。
  一般質問では10人の議員が、知事の政治姿勢、農業問題、経済対策などについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
  最終日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  これにより、12月議会では補正予算案など31件(予算案5件、条例案3件、その他17件、意見書案6件)が原案どおり可決、決算1件が認定、人事案3件が同意、請願6件が採択されました。
  また、第三セクター等の経営状況及び今後の経営計画等に関して所用の調査活動を行うため、「第三セクター等の経営に関する調査特別委員会」が設置されました。
  9月12日に開会した第2回定例会は、12月20日までの100日間の会期を終え、閉会しました。

 第2回定例会《12月議会》12月20日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第7号)

・一般会計の補正額 13億9,266万円
・補正後の額 6,166億8,029万円
・前年度12月補正後予算との対比 1.5%減 

 ・補正予算の主な事業
  災害復旧対策事業
  木材産業振興臨時対策事業
  2020プロジェクト推進事業
  土砂災害危険箇所周知事業
  湖東総合病院改築促進支援事業
  緊急雇用創出等臨時対策基金事業としてのトップスポーツチーム事業多角化支援事業及び小規模事業者若年雇用推進事業
  雪害復旧支援対策事業


●秋田県人事委員会の委員の選任
  小玉英子氏(再任)について同意
●秋田県教育委員会の委員の任命
伊藤佐知子氏(新任)について同意
●秋田県公安委員会の委員の任命
  柴田寛彦氏(再任)について同意
●秋田県陽光園条例の一部を改正する条例
配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部を改正する法律の施行に鑑み秋田県陽光園に入所させて保護及び自立の支援を行うべき者の範囲を拡大します。

■意見書■

●司法修習生に対する給費制の復活を求める意見書
●免税軽油制度の継続を求める意見書
●法務局の増員に関する意見書
●ウイルス性肝炎患者に対する支援の拡充を求める意見書
●国民皆保険制度の恒久的な堅持を求める意見書

■請願■

●司法修習生に対する給費の実現と充実した司法修習に関する意見書の提出について
●免税軽油制度の継続に関する意見書の提出について
●法務局の増員に関する意見書の提出について
●ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する意見書の提出について
●安心して受けられる県民医療のための「国民皆保険の恒久的な堅持」に関する意見書の提出について
●カヌーコース被害に関する請願について
平成25年第2回定例会《12月議会》12月20日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成25年12月20日版)

 

平成25年第2回定例会《12月議会(12月4日本会議)》の概要

「平成24年度秋田県歳入歳出決算の認定について」を認定
 
12月4日の本会議では、「平成24年度秋田県歳入歳出決算の認定について」、討論、採決の結果、賛成多数で認定されました。

第2回定例会《12月議会(12月4日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成24年度秋田県歳入歳出決算の認定について
平成25年第2回定例会《12月議会(12月4日本会議)》 各議員の表決状況はこちら(平成25年12月9日版)

 

平成25年第2回定例会《12月議会(11月28日本会議)》の概要

「真に必要な公共事業の予算確保を求める意見書」を可決
 
11月28日の本会議では、知事から、8月から9月の豪雨等による災害復旧対策事業のほか、国の基金を活用した事業など、秋田の元気づくりに向けた事業等の補正予算案等について説明が行われました。
  また、「真に必要な公共事業の予算確保を求める意見書」について、趣旨説明が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。

第2回定例会《12月議会(11月28日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■意見書■

●真に必要な公共事業の予算確保を求める意見書
平成25年第2回定例会《12月議会(11月28日)》 各議員の表決状況はこちら(平成25年11月28日版)

 

平成25年第2回定例会《11月議会(11月7日本会議)》の概要

セーフティネット保証5号の的確な業種指定を求める意見書案を可決
 
11月7日の本会議では、15名の議員で構成する決算特別委員会が設置され、「平成24年度秋田県歳入歳出決算の認定について」が付託されました。
  また、「セーフティネット保証5号の的確な業種指定を求める意見書」(案)について、趣旨説明が行われ、採決の結果、全会一致で可決されました。

第2回定例会《11月議会》で可決された議案は、次のとおりです。

■意見書■

●セーフティネット保証5号の的確な業種指定を求める意見書
平成25年第2回定例会《11月議会》 各議員の表決状況はこちら(平成25年11月7日版)

 

平成25年第2回定例会《9月議会(10月8日本会議)》の概要

「平成25年度秋田県一般会計補正予算」案を可決
 
初日の本会議では、知事から、経済・雇用対策や産業振興施策を切れ目なく展開することのほか、8月9日からの大雨による災害復旧対策事業や、秋田の元気づくりに向けた事業などについての説明が行われました。
  また、9月16日からの台風18号に係る被害対策についての補正予算案等の追加提案が行われました。
  一般質問では10人の議員が、知事の政治姿勢、災害対策、第2期ふるさと秋田元気創造プランなどについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
  最終日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  これにより、9月議会では補正予算案など35件(予算案5件、条例案4件、その他22件、意見書案4件)が原案どおり可決、決算1件が認定、人事案1件が同意、請願1件が採択されました。

第2回定例会《9月議会》10月8日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第5号)(第6号)

・一般会計の補正額 87億4,733万円
・補正後の額 6,152億8,762万円
・前年度9月補正後予算との対比 0.5%減

・補正予算の主な事業
 
  災害復旧対策事業
  県単機械類貸与事業貸付金
  木材産業振興臨時対策事業
  環日本海クルーズ推進事業
  大館地区統合高校(仮称)整備事業
  在宅医療推進支援事業
  災害拠点病院施設整備事業
  雪対策支援調査事業
  緊急雇用創出等臨時対策基金を活用した事業としての食農観資源活用型連携ビジネス創出支援事業及びあきたで就職拡大事業
●秋田県土地利用審査会の委員の任命
山本尚子氏(新任)、千田幸紀氏(再任)、片野 登氏(再任)、佐藤栄子氏(再任)、鈴木 剛氏(新任)、備前雄一氏(再任)、渡部育子氏(再任)について同意
●秋田県地域医療再生臨時対策基金条例の一部を改正する条例
医療を提供する体制の確保を図り、もって県民の健康の保持に寄与するため、秋田県地域医療再生臨時対策基金の設置期限を延長する。

■意見書■

●環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に関する意見書
●胆道閉鎖症対策に関する制度の改善を求める意見書
●森林整備加速化・林業再生対策及び地域自殺対策の強化を求める意見書
●建築物の耐震化の促進に係る支援施策の充実を求める意見書

■請願■

●胆道閉鎖症対策に関する制度の改善について
平成25年第2回定例会《9月議会》10月8日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成25年10月8日版)

 

平成25年第1回臨時会(9月5日本会議)の概要

平成25年度秋田県一般会計補正予算案(第4号)を可決
 
9月5日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」(案)について委員長報告が行われ、採決の結果、全会一致で可決されました。

 第1回臨時会で可決された議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第4号)

・一般会計の補正額 3億6,539万円
・補正後の額 6,065億4,028万円
・前年度9月補正予算との対比 1.9%減

  ・補正予算の主な事業
  災害弔慰金等負担金
  災害り災者見舞金
  農業経営等復旧・再開支援対策事業
  公共土木施設災害査定調査事業
平成25年第1回臨時会 各議員の表決状況はこちら(平成25年9月5日版)

 

平成25年第1回定例会《6月議会(6月28日本会議)》の概要

「平成25年度秋田県一般会計補正予算」案を可決
 
初日の本会議では、知事から、新たに高校生の県内就職支援を実施するなど今後も切れ目ない経済・雇用対策を着実に推進することや、「ふるさと秋田元気創造プラン」の最終年度における取組のほか、将来の秋田を見据え、新たに打ち出す事業などについての説明が行われました。
  一般質問では9人の議員が、知事の政治姿勢、人口減少社会への取組、高齢化社会への対応、農業問題などについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
  最終日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  これにより、6月議会では補正予算案など34件(予算案3件、条例案14件、その他15件、意見書案2件)が原案どおり可決、人事案1件が同意されました。
  2月6日に開会した第1回定例会は、6月28日までの143日間の会期を終え、閉会しました。

 第1回定例会《6月議会》6月28日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第3号)
 

・一般会計の補正額 222億7,979万円
・補正後の額 6,061億7,489万円
・前年度6月補正後予算との対比 1.0%減

   ・補正予算の主な事業
  中核企業育成加速化支援事業
  秋田版スマートアグリ構想推進事業
  洋上風力発電調査事業
  新規就農者経営開始支援事業
  地域材利用開発事業
  あきたの食文化発信事業
  新しい全県駅伝大会開催事業
  秋田港コンテナ航路開設促進事業
  風しん予防接種緊急支援事業
  医療・介護・福祉ネットワーク構築事業
  認知症疾患医療センター運営事業
  災害拠点病院施設整備事業
  消費生活安全・安心事業


●秋田県県税条例の一部を改正する条例
地方税法の一部改正等に伴い、個人県民税に係る住宅ローン減税の延長・拡充及び地方消費税の税率の引上げ等を行う。

●秋田県立高等学校設置条例の一部を改正する条例
秋田県立角館高等学校及び秋田県立角館南高等学校の統合により、新たに秋田県立角館高等学校を設置する。

●一般職の職員の給与に関する条例及び一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例
●市町村立学校職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例
国からの職員給与の減額措置要請を受け、一般職の職員及び市町村立学校職員の給料月額について、平成25年7月1日から平成26年3月31日までの間、一定の割合に相当する額を減ずる措置を講じる。

■意見書■

●経済・雇用対策強化のための地方財政の充実を求める意見書
●脳脊髄液減少症に係るブラッドパッチ療法への保険適用と診断・治療の推進を求める意見書
平成25年第1回定例会《6月議会》6月28日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成25年7月1日版)

 

平成25年第1回定例会《6月議会(6月27日本会議)》の概要

平成25年度秋田県一般会計補正予算(第3号)の変更を承認
 
6月27日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算(第3号)」の訂正について採決の結果、賛成多数で承認されました。

 第1回定例会《6月議会》6月27日本会議で承認された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第3号)
 
平成25年第1回定例会《6月議会》6月27日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成25年7月1日版)

 

平成25年第1回定例会(5月10日本会議)の概要

平成25年度秋田県一般会計補正予算案(第2号)が可決
  堀井副知事の選任案に同意
 
5月10日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等、知事提出議案3件について委員長報告が行われ、採決の結果、全会一致で可決されたほか、秋田県副知事の選任、秋田県監査委員の選任についても同意されました。

 第1回定例会《5月10日本会議》で可決された主な議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

 ●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第2号)

・一般会計の補正額 4億5,669万円
・補正後の額 5,838億9,510万円
・前年度当初予算との対比 3.2%減

  ・補正予算の主な事業
  豪雪対応地域福祉特別対策事業
  果樹新改植安定化緊急対策事業
  阿仁熊牧場受入れ支援事業

 ●秋田県副知事の選任について
堀井啓一氏の選任が同意されました。

●秋田県監査委員の選任について
工藤嘉範議員、中田潤議員の選任が同意されました。

●一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案
  新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)により秋田県に派遣された他の地方公共団体等の職員に対し支給する新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を新設しました。
平成25年第1回定例会《5月10日本会議》 各議員の表決状況はこちら(平成25年5月10日版)

 

平成25年第1回定例会(5月9日本会議)の概要

秋田県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正する条例案が可決
 能登祐一議長、佐藤健一郎副議長を選出
 
5月9日の本会議では、秋田県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正する条例案について趣旨説明が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  また、正副議長選挙が行われ、能登祐一議長、佐藤健一郎副議長が選任されたほか、各常任委員会及び議会運営委員会の委員と正副委員長が選任されました。

 第1回定例会《5月9日本会議》で可決された議案は、次のとおりです。

■委員会提出議案■

●秋田県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正する条例
  県議会議員の定数を「45人」から「43人」に改めました。
  秋田市選挙区において選挙すべき議員の数を「13人」から「12人」に改めました。
  由利本荘市選挙区において選挙すべき議員の数を「4人」から「3人」に改めました。
平成25年第1回定例会《5月9日本会議》 各議員の表決状況はこちら(平成25年5月9日版)

 

平成25年第1回定例会(4月22日本会議)の概要

知事等の給与および旅費に関する条例の一部を改正する条例案が可決
 教育長の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例案が可決
 
4月22日の本会議では、理事を含む5名の県の新任者紹介の後、2期目の県政に向けて、知事の所信表明が行われました。
  総務企画委員長、教育公安委員長による委員長報告が行われ、採決の結果、全会一致で可決されました。

 第1回定例会《4月22日本会議》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●知事等の給与および旅費に関する条例の一部を改正する条例
●教育長の給与及び旅費等に関する条例の一部を改正する条例
平成25年第1回定例会《4月22日本会議》 各議員の表決状況はこちら(平成25年4月22日版)

 

平成25年第1回定例会(4月15日本会議)の概要

議席の一部変更等について
 

平成25年4月15日の本会議では、平成25年4月7日に行われた秋田県議会議員補欠選挙で当選した新議員の紹介が行われたほか、議席の一部変更等について、決定されました。

 

平成25年第1回定例会(3月19日本会議)の概要

職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例案が可決
 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に関する決議案が可決
3月19日の本会議では、「職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例」等を議題に委員長報告が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  また、「適切な電気料金の設定とエネルギー政策の確立等を求める意見書」、「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に関する決議」についてそれぞれ趣旨説明が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。

 第1回定例会《3月19日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例
●秋田県県税条例の一部を改正する条例
●市町村への権限委譲の推進に関する条例の一部を改正する条例

■意見書案・決議案■

●適切な電気料金の設定とエネルギー政策の確立等を求める意見書
●環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に関する決議
平成25年第1回定例会《3月19日本会議》 各議員の表決状況はこちら(平成25年3月19日版)

 

平成25年第1回定例会《2月議会(3月7日本会議)》の概要

「平成25年度秋田県一般会計予算」案を可決
3月7日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  これにより、2月議会では当初予算案など111件(予算案41件、条例案32件、その他35件、意見書案3件)が原案どおり可決、請願2件が採択されました。
  また、総合防災対策調査特別委員会の調査・研究結果について最終報告が行われ、2年間の活動状況の報告とともに、中間報告に加え、新たに減災の観点から減災対策についての提言を行いました。これをもって、総合防災対策調査特別委員会は活動を終え、今後は、関係常任委員会で引き続き議論が深められることが委員長より報告されました。

第1回定例会《2月議会(3月7日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計予算

・一般会計予算額 5,833億8,900万円
・前年度当初予算との対比 3.2%減

  ・当初予算の主な事業
  経営安定資金貸付事業
  次世代自動車参入プロジェクト事業
  新エネルギー活用型周年農業実証事業
  秋田デスティネーションキャンペーン推進事業
  すこやか子育て支援事業
  仙北組合総合病院改築支援事業
  老人福祉施設等環境整備事業
  あきた未来づくり交付金事業
  少人数学習推進事業
  新県立美術館魅力創出事業

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第1号)
  ・一般会計の補正額 4,940万円
  ・補正後の額 5,834億3,840万円
  ・前年度当初予算との対比 3.2%減
  ・補正予算の主な事業
  ふくしま子どもリフレッシュ支援事業

●知事等の給与および旅費に関する条例の一部を改正する条例
現下の厳しい経済状況及び雇用情勢並びに秋田県特別職報酬等審議会の知事等の退職手当の減額措置に関する答申にかんがみ、知事等の退職手当について一定額を減額する。

●秋田県犯罪被害者等支援条例
犯罪被害者等支援について、基本理念を定め、並びに県、県民、事業者及び民間支援団体の責務を明らかにするとともに、犯罪被害者等支援のための施策の基本的な事項を定めることにより、犯罪被害者等支援のための施策を総合的かつ計画的に推進する。

■委員会提出議案■

●秋田県議会委員会条例の一部を改正する条例
  地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の任期並びに常任委員会の所属について定めるとともに、所要の規定を整備する。

●秋田県政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例
  地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い政務調査費の名称を政務活動費に改め、及び政務活動費を充てることができる経費の範囲について定めるとともに、政務活動の実態にかんがみ会派及び議員に交付する政務活動費の月額を改める。

●県議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例
  議員報酬月額について、平成27年4月29日までの間、引き続き5%を減額する特例措置を継続する。

■意見書■

●個人保証の原則廃止を求める意見書
●外国資本等による土地売買等に関する法整備を求める意見書
●30人以下学級の実現を求める意見書

■請願■

●個人保証の原則廃止を求める意見書の提出について
●30人以下学級実現を求める意見書の提出について
平成25年第1回定例会《2月議会(3月7日本会議)》 各議員の表決状況はこちら(平成25年3月8日版)

 

平成25年第1回定例会《2月議会(2月28日本会議)》の概要

平成24年度補正予算案(第7号)が可決
2月28日の本会議では、「平成24年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、討論、採決の結果、賛成多数で可決されました。

 第1回定例会《2月議会(2月28日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成24年度秋田県一般会計補正予算(第7号)
平成25年第1回定例会《2月議会(2月28日本会議)》 各議員の表決状況はこちら(平成25年3月8日版)

 

 

平成25年第1回定例会《2月議会(2月25日本会議)》の概要

平成25年度補正予算案(第7号)ほか11件を追加提案
 

2月25日の本会議では、知事から国の緊急経済対策に伴うほか、実績見込み等による事業費の増減による「平成24年度秋田県一般会計補正予算」等11件が追加提案されました。
  うち、予算案4件が予算特別委員会に付託されました。

 

 

平成25年第1回定例会《2月議会(2月18日本会議)》の概要

平成25年度補正予算案(第6号)が可決
 議員の辞職について
2月18日の本会議では、「平成24年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、全会一致で可決されました。
  また、安藤豊議員から辞職願が提出され認められたほか、安藤議員に替わり渡部英治議員が議会運営委員及び議会運営副委員長に選任されました。

 第1回定例会《2月議会(2月18日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第6号) ほか36件

■委員会提出議案■

●秋田県議会委員会条例の一部を改正する条例案
●秋田県議会会議規則の一部を改正する規則案
●県議会の請求による出頭者及び公聴会参加者の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例案
●秋田県政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例案
平成25年第1回定例会《2月議会(2月18日本会議)》 各議員の表決状況はこちら(平成25年3月8日版)