定例会・臨時会の概要【平成26年】

2018年7月2日

平成26年第2回定例会《12月議会(12月19日本会議)》の概要

平成26年度補正予算案や地域医療介護総合確保基金条例等を可決
 
平成26年第2回定例会12月議会が、11月27日から12月19日までの日程で開催されました。
  初日の本会議では、知事から、衆議院解散に伴う選挙等に要する経費のほか、地域医療介護総合確保基金の創設など地域における医療・介護の充実に向けた事業や「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」に基づく事業、経済・雇用対策等を計上した一般会計補正予算案などについての説明が行われました。
  一般質問では12人の議員が、地方創生、農業問題、人口減少対策、高齢者福祉への取組などについて、県当局の説明を求めました。
  関係議案等は、本会議での採決の結果、補正予算案など37件(予算案6件、条例案11件、その他14件、意見書案6件)が原案どおり可決、決算1件が認定、人事案2件が同意、請願4件が採択されました。
  これをもって、第2回定例会は、9月5日から12月19日までの106日間の会期を終え、閉会しました。

第2回定例会《12月議会》12月19日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成26年度秋田県一般会計補正予算

 ・一般会計の補正額 22億3,727万円
・補正後の額 6,154億4,153万円
・前年度12月補正後予算との対比 0.2%減 

 ・補正予算の主な事業
  在宅医療推進支援事業の拡充
  地域医療介護総合確保基金積立金
  農地中間管理総合対策事業
  あきた安全安心住まい推進事業(「秋田スギの家」づくり普及推進)
緊急雇用創出等臨時対策基金事業
  衆議院議員選挙及び最高裁判所裁判官国民審査費

 ※沼谷純議員が、先の総選挙における民意や現下の本県経済情勢を勘案すれば、今やるべきことは、知事や県議会議員の所得引き上げではなく、県民所得を引き上げることであり、また、そのために限られた財源を最大限効果的・効率的に振り向けることである等として、関連する条例案や補正予算について、反対討論を行いました。採決の結果、賛成多数で可決されました。
●秋田県人事委員会の委員の選任
  佐々木誠氏(新任)について同意
●秋田県教育委員会の委員の任命
  岩佐信宏氏(新任)について同意
●秋田県地域医療介護総合確保基金条例
  地域において効率的かつ質の高い医療提供体制を構築するとともに地域包括ケアシステムを構築することを通じ、地域における医療及び介護の総合的な確保を促進し、もって高齢者をはじめとする県民の健康の保持及び福祉の増進を図り、併せて県民が生きがいを持ち、健康で安らかな生活を営むことができる地域社会の形成に資するため、基金を設置します。

■意見書■

●法務局の増員に関する意見書
●介護報酬の引下げに反対し、介護職員の処遇改善を求める意見書
●米の需給と稲作経営の安定に向けた対策の充実を求める意見書
●農協改革に関する意見書
●山村振興法の延長と森林・林業基本計画の推進を求める意見書
●40人学級の復活に反対する意見書

■請 願■

●法務局の増員に関する意見書の提出について
●介護報酬削減の絶対阻止と処遇改善の拡充に関する請願について
●米の需給安定対策に関する意見書の提出について
●農協改革に関する意見書の提出について

■議会運営委員の選任■

山内梅良議員(日本共産党)の議員辞職に伴い、瀬田川栄一議員(県民の声)が新たに議会運営委員に選任されました。
平成26年第2回定例会《12月議会》12月19日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成26年12月19日版)

 

平成26年第2回定例会《12月議会(12月3日本会議)》の概要

「平成25年度秋田県歳入歳出決算の認定について」を認定
 
12月3日の本会議では、「平成25年度秋田県歳入歳出決算の認定」について、採決の結果、全会一致で認定されました。

第2回定例会《12月議会(12月3日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県歳入歳出決算の認定について
平成26年第2回定例会《12月議会(12月3日本会議)》 各議員の表決状況はこちら(平成26年12月3日版)

 

平成26年第2回定例会《12月議会(11月27日本会議)》の概要

平成26年度秋田県一般会計補正予算(第4号)を可決
 
11月27日の本会議では、「平成26年度秋田県一般会計補正予算(第4号)」について知事説明が行われました。
  予算特別委員長による委員長報告、採決の結果、全会一致で「平成26年度秋田県一般会計補正予算(第4号)」は可決されました。

第2回定例会《11月27日本会議》で可決された議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成26年度秋田県一般会計補正予算(第4号)
平成26年第2回定例会《12月議会》11月27日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成26年11月27日版)

 

平成26年第2回定例会《11月議会(11月7日本会議)》の概要

  11月7日の本会議では、12名の議員で構成する決算特別委員会が設置され、「平成25年度秋田県歳入歳出決算の認定について」が付託されました。

 

平成26年第2回定例会《9月議会(10月2日本会議)》の概要

平成26年度補正予算案を可決
 
平成26年度第2回定例会9月議会が、9月5日から10月2日までの日程で開催されました。
  初日の本会議では、知事から、防災・減災対策として、災害を未然に防止するための河道の堀削や護岸整備、道路の維持修繕等を早急に実施することや、「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」に基づく事業を推進することのほか、経済・雇用対策として、雇用基金を活用した新たな雇用創出を行うことなどを計上した補正予算案などについての説明が行われました。
  また、米価の下落に伴い、農業経営の維持・安定を図るため、緊急的に取組む必要がある事業についての補正予算案の追加提案が行われました。
  関係議案等は、予算特別委員会及び各常任委員会の審査を経て、補正予算案など38件(予算案2件、条例14件、その他15件、意見書案7件)が原案どおり可決、決算1件が認定、請願2件が採択されました。

第2回定例会《9月議会》10月2日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです。

■知事提出議案■

●平成26年度秋田県一般会計補正予算

 ・一般会計の補正額 36億999万円
・補正後の額  6,132億426万円
・前年度9月補正後予算との対比  0.3%減

 ・補正予算の主な事業
  県単独公共事業(防災・減災分)
あきたスカイドーム再整備事業
  有床診療所等スプリンクラー等施設整備事業
  緊急雇用創出等臨時対策基金事業
  PED(豚流行性下痢)緊急対策事業
  稲作経営安定緊急対策資金預託金貸付事業
  農業経営緊急フォローアップ事業
 

■委員会提出議案■

●秋田県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正する条例
公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴い、秋田県議会議員の定数並びに選 挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例について、所要の規定 の整備を行います。

■意見書■

●新聞への消費税軽減税率の適用を求める意見書
●東日本大震災からの復旧・復興のための財政支援の継続等を求める意見書
●外形標準課税を中小企業に拡大しないことを求める意見書
●胆道閉鎖症対策に関する制度の改善を求める意見書
●林業・木材産業の成長産業化に向けた施策の充実・強化を求める意見書
●米価の急激な下落への緊急対策を求める意見書
●真に必要な公共事業の予算確保を求める意見書

■請 願■

●新聞に消費税軽減税率の適用を求める意見書の提出について
●胆道閉鎖症対策に関する制度の改善について
平成26年第2回定例会《9月議会》10月2日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成26年10月2日版)

 

 

平成26年第1回定例会《6月議会(7月8日本会議)》の概要

「農政改革対応プランに基づく事業などの補正予算案」を可決
 
平成26年第1回定例会6月議会が、6月16日から7月8日までの日程で開催されました。
  初日の本会議では、知事から「農政改革対応プラン」の推進に係る事業のほか、「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」に基づく事業、経済・雇用対策に係る事業等の補正予算案などについての説明がありました。
  一般質問では9人の議員が、知事の政治姿勢、人口減少問題、農政改革などについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
  関係議案等は予算特別委員会及び各常任委員会の審査を経て、補正予算案など25件(予算案2件、条例案9件、その他13件、意見書案1件)が原案どおり可決、人事案3件が同意されました。
  また、議員提出の「秋田の酒による乾杯を推進する条例」が可決されました。
  これをもって第1回定例会は、2月18日から7月8日までの141日間の会期を終え、閉会しました。

 第1回定例会《6月議会》7月8日本会議で可決された主な議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成26年度秋田県一般会計補正予算

・一般会計の補正額 84億726万円
・補正後の額 6,095億9,426万円
・前年度6月補正後予算との対比 0.6%増

 ・補正予算の主な事業
  きらりと光る!園芸産地育成事業
  周年園芸普及拡大対策事業
  「秋田牛」ブランド繁殖基盤強化拡大対策事業
  元気な中山間農業応援事業
  大型クルーズ船受入体制整備事業
  秋田地区中高一貫教育校(仮称)整備事業
  被災農業者向け経営体育成支援事業
  緊急雇用創出等臨時対策基金事業費補助事業
●秋田県監査委員の選任
石塚博史氏(新任)について同意
●秋田県公安委員会の委員の任命
安藤巳智子氏(新任)について同意
●秋田県収用委員会の委員及び予備委員の任命
  平川信夫氏(再任)、菅原佳典氏(再任)、米森萬壽美氏(新任)の委員選任、三浦清氏(再任)の予備委員選任について同意
●秋田県農林漁業振興臨時対策基金条例の一部を改正する条例
  農林漁業者の経営の安定及びその基盤の強化を図り、もって農林漁業の振興に寄与するため、秋田県農林漁業振興臨時対策基金の設置期限を延長します。

■議員提出議案■

●秋田の酒による乾杯を推進する条例
  秋田の酒による乾杯を推進することにより、秋田の酒を愛飲する気運を醸成するとともに、県内の酒類製造業者及び農業をはじめとする関連事業者の競争力の強化を図り、もって、本県の食文化への理解の促進並びに県内の酒類製造業及びその関連産業の発展に資するための条例を制定しました。

■意見書■

●農業委員会制度・組織改革への慎重な対応を求める意見書
平成26年第1回定例会《6月議会》7月8日本会議 各議員の表決状況はこちら(平成26年7月8日版)

 

平成26年第1回定例会(5月23日本会議)の概要

財産の取得について(第174号、第175号)を可決
 
5月23日の本会議では、知事から「財産の取得について」2件が追加提案され、採決の結果、全会一致で可決されました。
平成26年第1回定例会《5月23日本会議》各議員の表決状況はこちら(平成26年5月23日版)

 

平成26年第1回定例会《2月議会(3月20日本会議)》の概要

平成26年度秋田県一般会計予算案を可決
 
初日の本会議では、知事から平成26年度当初予算においては、「第2期ふるさと秋田元気創造プラン」のスタートの年として、プランに掲げる6つの戦略に基づく施策・事業を中心に推進するほか、引き続き、経済・雇用対策を実施していくとの説明が行われました。
  代表質問・一般質問では7人の議員が、知事の政治姿勢、農業政策、雪対策などについて質問を行い、県当局の説明を求めました。
  最終日の本会議では、「平成26年度秋田県一般会計予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  これにより、2月議会では当初予算案など174件(予算案43件、条例案88件、意見書案1件、その他42件)が原案どおり可決、請願1件が採択されました。

 第1回定例会《2月議会(3月20日本会議)》で可決された主な議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成26年度秋田県一般会計予算

 ・一般会計の予算額 6,011億8,700万円
・前年度6月補正後予算との対比  0.8%減

  ・当初予算の主な事業
  経営安定資金貸付事業
  先導的技術等開発支援事業
  農地中間管理総合対策事業
  飼料用米総合対策事業
  次代を担う秋田米新品種開発事業
  国民文化祭推進事業
  海外誘客プロモーション強化事業
  地域特産品サポート事業
  FISワールドカップモーグル大会開催事業
  秋田県医療ネットワーク推進事業
  スーパー・グローバル・ハイスクール事業
  秋田型地域支援システム推進事業
  あきた移住推進事業
  緊急就職サポート事業
  あきた安全安心住まい推進事業
●秋田県水源森林地域の保全に関する条例
水源森林地域の保全について、基本理念を定め、並びに県、土地所有者等及び県民の責務を明らかにするとともに、水源森林地域における適正な土地利用の確保を図るための措置その他必要な事項を定めることにより、水源森林地域の森林の水源涵養機能の維持増進を図ります。
●秋田県中小企業振興条例
中小企業の振興について、基本理念を定め、及び県の責務等を明らかにするとともに、中小企業の振興に関する施策の基本的な事項を定めることにより、中小企業の振興に関する施策を総合的に推進します。

■議会提出議案■

●県議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例

■意見書■

●手話言語法(仮称)の制定を求める意見書

■請願■

●手話言語法(仮称)の制定に関する意見書の提出について
平成26年第1回定例会《2月議会(3月20日)》 各議員の表決状況はこちら(平成26年3月24日版)

 

平成26年第1回定例会《2月議会(3月4日本会議)》の概要

平成25年度秋田県一般会計補正予算案を可決
 
3月4日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。

 第1回定例会《2月議会(3月4日本会議)》で可決された主な議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第9号)(第10号)

・一般会計の補正額 211億5,865万円
・補正後の額 6,390億9,614万円
・前年度2月補正後予算との対比  1.3%減

 ・補正予算の主な事業
  林業研究研修センター実習棟建築事業
  木造公共施設等整備事業
  灯油購入費緊急助成事業
  農業経営等復旧・再開支援対策事業
 
平成26年第1回定例会《2月議会(3月4日)》 各議員の表決状況はこちら(平成26年3月4日版)

 

平成26年第1回定例会《2月議会(2月18日本会議)》の概要

平成25年度秋田県一般会計補正予算案(第8号)を可決
 
2月18日の本会議では、「平成25年度秋田県一般会計補正予算」等を議題に委員長報告が行われ、採決の結果、賛成多数で可決されました。
  また、経済活性化・雇用対策調査特別委員会の調査事項について、委員長から中間報告が行われました。

 第1回定例会《2月議会(2月18日本会議)》で可決された議案は、次のとおりです

■知事提出議案■

●平成25年度秋田県一般会計補正予算(第8号)

・一般会計の補正額 12億5,720万円
・補正後の額 6,179億3,749万円
・前年度2月補正後予算との対比 4.5%減 

 ・補正予算の事業
  道路及び空港の除雪経費  
●秋田県港湾施設管理条例及び秋田県入港料徴収条例の一部を改正する条例
 
平成26年第1回定例会《2月議会(2月18日)》 各議員の表決状況はこちら(平成26年2月19日版)